• ホーム
  • まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違いを知ってベストな選択をしよう!

まつげ育毛剤とまつ毛美容液の違いを知ってベストな選択をしよう!

2020年04月09日
きれいな目とまつげ

まつげをきれいに見せるためにまつげ育毛剤やまつ毛美容液などを使用します。まつげ育毛剤とまつ毛美容液は似ていますが、実は違いがいくつかあります。まず、まつげ育毛剤は、育毛剤のため塗布することで毛を育てる効果があります。栄養がいきわたらないために起きてしまう、短いまつげの状態を改善し、長く太い状態へとなるように栄養を与えています。

一方のまつ毛美容液は、ダメージが起きてしまってぱさぱさとしたまつげを保護するものであり、まつげを育てることはできません。つやを出してまつげを元気な状態にする作用があります。さらに違いとしてまつげ育毛剤は医薬品ですが、まつ毛美容液は化粧品でありまつ毛美容液はドラッグストアでも購入することができます。まつげ育毛剤は医薬品であるので効果があると認められているものであり、厚生労働省の許可を受けて販売されています。そのため使用したい時は医療機関を受診して処方箋を書いてもらう必要があります。効果がある分使い方によっては副作用が出てしまうことが可能です。まつ毛美容液は、主成分となるものは保湿剤であるのでまつげを生やすことはできませんが、その分副作用はかゆみ程度となります。

育毛剤に含まれている成分はビマトプロストのことが多く、メラニン色素を増加させてまつげを濃くする、毛包を刺激し太くする、成長期自体を伸ばして長くするといった作用があり、70%以上の人が効果を実感できました。美容液の場合、成分にビマトプロストは含まれていません。ハリを与えるヒアルロン酸や、まつげを保湿することができるコラーゲンといったものが主成分となっています。

このようにまつげ育毛剤とまつ毛美容液は根本的に、医薬品か化粧品化の違いがあります。まつげを保湿してつややかにしたい場合は、まつ毛美容液のほうが良いですが、成長を促してより長くしっかりとしたまつげにしたい場合は、まつげ育毛剤を使用します。まつ毛美容液は天然の成分で作られているので、まつげにとっては余計な負担はかかりません。

まつげ育毛剤はまつ毛を育毛して、増毛する作用があります。そのため本数が少なくなってきた、より多く生やしたいという場合は育毛剤のほうが適しています。一方美容液の方は現状あるまつげを保湿して、質感を高めていくので、現状維持もしくは現状のものをトリートメントするときに使用します。2つにはこのような違いがあるので、どういった目的で使用するのかを明確にし、その目的に合わせたものを使用することが大切です。